読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Raspberry Pi 2 Model BにRaspbianをインストールして初期設定する方法

RaspberryPi linux

Raspberry Pi 2 Model Bを買って色々と遊んでいます。OSを入れなおしたりする際に再度悩まないよう、Raspbianのインストールと初期設定を実施した際のメモを残しておこうと思います。

Raspberry Pi 2 Model B (1)

Raspberry Pi 2 Model B (1)

NOOBS経由でRaspbianをインストール

以下を参考にインストール。

インストールしたRaspbianのVerは以下の通り。

pi@raspberrypi:~ $ uname -a
Linux raspberrypi 4.1.17-v7+ #838 SMP Tue Feb 9 13:15:09 GMT 2016 armv7l GNU/Linux
pi@raspberrypi:~ $ cat /proc/version
Linux version 4.1.17-v7+ (dc4@dc4-XPS13-9333) (gcc version 4.8.3 20140303 (prerelease) (crosstool-NG linaro-1.13.1+bzr2650 - Linaro GCC 2014.03) ) #838 SMP Tue Feb 9 13:15:09 GMT 2016

Raspbianの初期設定

ネットワークはUSB無線LANアダプタを接続したら、特に設定等実施しなくても普通に繋がった。

Raspbianではraspi-configというツールが用意されており、これ経由で基本的な初期設定を実施出来る。 デフォルトのターミナル(LXTerminal)でraspi-configを実行すると設定画面で文字化けが発生していたので、jfbtermを入れた後にraspi-configを実行。

sudo apt-get update
sudo apt-get install jfbterm
sudo raspi-config

raspi-configで設定出来るのは下記9項目。

  1. Expand Filesystem
  2. Change User Password
  3. Boot Options
  4. Wait for Network at Boot
  5. Internationalisation Options
  6. Enable Camera
  7. Add to Rastrack
  8. Overclock
  9. Advanced options

それぞれの項目を以下の通り設定。

  • Expand Filesystem

    • NOOBS経由でインストールすると最初からsdカードサイズに応じたパーティション構成になっているようなので、何もする必要なし。
  • Change User Password

    • ユーザ名=piのパスワードを変更しておく。
  • Boot Options

    • 基本的にssh接続で利用するのでDesktopGUIは不要。「B2 Console Autologin」を選択。
  • Wait for Network at Boot

    • どちらでも良いが「Fast Boot without waiting for network connection」を選択しておく。
  • Internationalisation Options

  • Enable Camera

    • とりあえず使わないのでDisable。
  • Add to Rastrack

    • デフォルトのままで変更する必要なし。
  • Overclock

  • Advanced options

    • 「A4 SSH」をEnableにしてssh接続出来るようにしておく。
    • 「A3 Memory Split」からgpuに割り当てるメモリ量を変更出来る模様。今は一旦デフォルトのままにしておく。
    • その他、SPI、I2C、Serialなど使いたいものがあれば有効化しておく。
    • 最後に「A0 Update」で raspi-config自体をアップデートしておく(本当は最初にアップデートしておいた方が良いかも)。

あとは入れたいものを適当に

日本語フォント、ibusのインストール。 以下を参考に。

sudo apt-get install fonts-vlgothic
sudo apt-get install ibus-anthy

色々と設定ファイルを編集するのに必要なのでvimもインストールしておく。

sudo apt-get install vim
mkdir -p ~/.vim/bundle
git clone git://github.com/Shougo/neobundle.vim ~/.vim/bundle/neobundle.vim

大体これぐらいまで設定すればssh経由でログインして普通に使えるようになりました。