読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pythonでsetuptools, pipを使ってパッケージ管理する方法

概要

pythonのパッケージ管理に関する前回の記事で、2014年現在におけるpythonのパッケージ管理としては、とりあえずsetuptoolsとpipを導入すればOK。と記載したので、今回の記事ではその具体的な導入方法、利用方法について記載します。

環境構築の流れは以下の通りです。

  1. setuptoolsのインストール
  2. pipのインストール
  3. pipを使って任意のパッケージをインストール

pipは、setuptoolsを便利に使うためのスクリプトなので、まずはベースとなるsetuptoolsをインストールし、その後pipという順にインストールします。

setuptoolsのインストール

手順

以下に記載されている各々の環境のインストール方法に従います。

結局は、ez_setup.pyをダウンロードしてきて実行すればOKです。 私の環境[Mac OS X Mavericks(10.9.1)]では、以下のコマンドでインストールしました。

sudo curl https://bootstrap.pypa.io/ez_setup.py -O - | python

Mac OS X Mavericksでは以下のディレクトリにインストールされます。

/Library/Python/2.7/site-packages/setuptools-2.1-py2.7.egg

pipのインストール

手順

次にpipをインストールします。以下に記載されている方法でインストールします。

こちらも、get-pip.pyをダウンロードしてきて実行すればOKです。 私の環境では以下のコマンドでインストールしました。

sudo curl https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py -O | python

Mac OS X Mavericksでは以下のディレクトリにインストールされます。

/Library/Python/2.7/site-packages/pip

pipインストールに関する補足1

pipは、OSのパッケージマネージャを使って以下のようにインストールしても問題ありません。

#Debian, Ubuntu
sudo apt-get install python-pip
#Fedora
sudo yum install python-pip

ただし、pip公式サイトによると、

On Linux, pip will generally be available for the system install of python using the system package manager, although often the latest version will be unavailable.

ということで、OSのパッケージマネージャ経由でインストール出来るのは、最新版ではなく少し古いVerになるようなので、最新版を使いたい方は上述のget-pip.pyを使った方法でインストールして下さい。

pipインストールに関する補足2

setuptoolsをインストールすると「easy_installコマンド」が利用出来るようなるので、これを使ってpipをインストールしても問題ありません。

sudo easy_install pip

ただし、前回の記事にも記載したように、pipはeasy_installを置き換えるために開発されたものであり、今後はpipを使っていく方針なので、pip自身をインストールする時にだけわざわざeasy_installを使う理由も無いと思います(今後はeasy_installは使わないので忘れてしまって問題ナシ)。

pipインストールに関する補足3

実はsetuptoolsがインストールされていない環境で、get-pip.pyを実行すると、自動的にsetuptoolsがインストールされます。このため、手っ取り早く環境構築したい場合は、get-pip.pyをダウンロードしてきて実行すれば、setuptools,pipの両方がインストールされて簡単です。

とは言え、この記事に記載しているように、順を追ってインストールしてみるとsetuptools,easy_install,pipの関係性を理解しやすくなると思うので、一度は愚直にインストールしてみるのも悪く無いと思います。

pipを使って任意のパッケージをインストール

手順

ここまでの対応でpipが使えるようになっているはずなので、あとはpipを使ってパッケージをインストールしていけば良いです。

pip install matplotlib
pip install virtualenv
pip install wxPython
pip install bottle
・・・

まとめ

setuptools,pipの導入方法について記載しました。 これら2つを導入しておけば、pythonのパッケージを普通にインストールしたり、アンインストールしたりする分には事足りるはずです。

pipは、virtualenvと組み合わせて使うと更に便利ですが、本記事としては一旦ここまでとしてvirtualenvの導入方法、利用方法については、別途まとめたいと思います。